東海

横浜から三重へ 【伊勢神宮をめぐる1泊2日の旅】 前編

初めましてこんにちは。

 

旅好き旅ブロガーの尾形です!

 

旅仲間である佐々木と一緒に日本各地の旅情報をお届けしていきますのでどうぞよろしくです!

 

ということで早速ですが、僕が今回初めてご紹介するのが、三重県の伊勢神宮の旅です。

 

知ってるけど行ったことがないっていう方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

僕も今回行くのが初めてだったんですが、1泊2日でも十分楽しめましたのでオススメですよ〜。

 

ちなみに最短だと次の週末2連休あれば全然行けちゃいますからね!

 

まずはざっくりですが、今回の旅のスケジュールを紹介していきますね

 

スケジュール帳

1日目〜

 

1、新横浜〜名古屋へ 東海道新幹線

2、名古屋〜伊勢神宮へ 近鉄

3、伊勢神宮の予備知識 外宮と内宮のお話

4、外宮参道でモーニングコーヒー

5、外宮を散策〜外宮から内宮へ バスが便利

 

6、内宮の散策〜参道を抜けて おかげ横丁へ

7、おかげ横丁で遅めのお昼ご飯 『とうふや』〜猿田彦神社へ

8、宿泊は 『御宿ジ・アース 〜嵐の見える宿〜』〜夕食と朝食

2日目〜

9、二見興玉神社〜伊勢夫婦岩ふれあい水族館(伊勢シーパラダイス)

10、外宮参道の 伊勢うどん『山口屋』へ〜さよなら伊勢〜

今回の記事では1〜5までご紹介していきますね!

6〜10をご覧いただきたいたは、次回乞うご期待!

 

横浜から伊勢神宮へ

 

どれくらいで行けるのか??

気になりますよね!

今回は電車で行きましたので、電車で行きたい方のご参考までに・・

 

結論から言いますと、約4時間くらいです!

 

内訳としては

 

新横浜駅〜名古屋駅まで、1時間半くらい (東海道新幹線の『のぞみ』が最速)

名古屋駅から伊勢神宮(伊勢市駅)まで、1時間半くらい (近鉄特急の鳥羽行)

 

待ち時間やら移動時間を含めると約4時間という感じですね!

 

伊勢市駅から伊勢神宮の外宮までは外宮参道を歩けば10分かからないくらいで楽しく歩けますよ〜

 

で、

 

外宮と内宮ってなに?という方のためにざっくり説明します

 

すごくシンプルに伊勢神宮の外宮(げくう)と内宮(ないくう)に分かれているイメージ

この2つの入り口はバスで6分ほど離れています

(バスがたくさん出ているので移動は楽チン)

 

で、

 

外宮の中は広く9つあるスポットをゆっくり回ると90分ほど楽しめます

お散歩するイメージですね

さらに内宮も同じく広く、9つのスポットがあり、同じくらいの時間楽しめます

 

それぞれ神聖な雰囲気の中をお参りしていく流れです

順路としては、外宮から周り、内宮に行くのが正解のようです

なんだか説明になっていない感じですが、、写真を見ていただきながら進めていくとわかりやすいと思いますので、進めていきます!

 

 

 

それでは本編を始めていきます!

 

早朝6時代の新幹線に乗り、まずは名古屋へ

朝焼けがキレイな冬の朝

名古屋までの1時間半はぼーっと外を見たり、本を読んだり、伊勢神宮のことを調べてみたり

ちなみにこの時間でしたら食事はまだ早いので、水さえあれば過ごせますね(水は必須かと)

 

名古屋駅に到着したら乗り換えです!

皆さん乗り換えは得意ですか?知らない土地では迷子必須です・・まずは第一関門って感じですね

結論、近鉄特急の乗り場までは歩きますが、駅での案内掲示板に従っていけば楽々乗り換えできましたよ!

 

乗り場についたら、まず最初に切符売り場で指定席付きの切符を購入しましょう

特急に乗って、さらに1時間半の旅です

でも普通の電車と違って、新幹線と同じような感覚で乗れるので、楽チンでしたよ

ちなみに朝ごはんの時間でしたら、名古屋駅で駅弁買うのもアリですね!

 

トータル約4時間ほどの電車の旅を終え、伊勢市駅に到着

 

駅にはこんな表示が大きく記されています

名物の赤福もガッツリと記されていますね(お腹がすきますね)

そのまま外宮参道へ

早速僕が登場ですが、駅の目の前がこんな感じ(マフラーしてますがこれでも寒い1月)

外宮参道の提灯がでかい!といった印象

朝10時くらいの外宮参道

1月下旬に行ったのですが、この時間は空いてましたね

お店も閉まっている店が多かったです

 

でも朝ごはん食べてない僕は、お腹が空いておりました

たまたま朝早くからやている

主張が強めの『びあんか』さんへ

世界で唯一のバターブレンドコーヒーが飲めるそうです

 

もちろん唯一のコーヒーも飲ませていただきました

フレンチトーストと一緒のセットメニューでお得に飲めますよ

バターブレンドはコクがあってクセになる味わいでした

お土産でも豆を早速購入

伊勢神宮に着く前に関係のないお土産

でもおすすめですよ

伊勢神宮に来たけど、朝食は新鮮な野菜と目玉焼きも追加

長旅の後はシンプルな素材の味がよくしみますね

 

ちなみに、びあんかさんの店主ががなかなかにユーモアのある方で、せっかくなので伊勢のことを伺ってみたんです

その内容がこちら↓

 

尾形『伊勢うどんって美味しいんですか?』

 

店主『美味しくはないよ〜』

 

尾形『え!笑』

 

店主『うどんって思って食べるとがっかりしちゃうから、違う食べ物だと思えばいいよ!

 

尾形『マジすか!笑』

 

尾形『ちなみに、おすすめのお店ありますか?』

 

店主『ないね〜』

 

尾形『苦笑』

 

尾形『では、伊勢うどん以外だとありますか?』

(グイグイと聞く姿勢)

 

店主『う〜ん、とうふや以外は美味しくないね!』

 

尾形『とうふや!?』(それ以外は美味しくない???)

 

尾形『とうふやさんですか?』(豆腐のみ??)

 

店主『もちろん、とうふ以外も美味しいごはん屋だよ』

 

尾形『そこいきます!』(なんかすごい良さそう)

 

尾形『ありがとうございます!』

 

ここまではっきりと意見を言ってくれるのは本当に有難い!

地元の方の意見は本当に参考になります

実際に店主がここ以外美味しくない!と断言した『とうふや』さんにもいきましたので、また次回の記事にてご紹介します

 

後は個人的な意見ですが、伊勢うどんは、【うどんではない】という心構えで挑みましょうということ

もちろん伊勢うどんも食べたのでそれも後日の記事にて紹介しますよ!(乞うご期待)

 

 

美味しいコーヒーと朝食と有力な情報を手に入れて、向かうは

伊勢神宮・外宮

神秘的な入り口ですね

主観的な感想でいいますと、明治神宮に似ています

年に1度は明治神宮に行っているので、『似ているな〜』って思いました

手や口を清める『手水舎』はとんでもないくらいキレイな水

そして無数のひしゃくに驚きましたね

まだ午前中なので人は少なめでしたが、ピーク時には人だまりができます

 

参道の木々を楽しみながら、深呼吸しながらゆっくり散策

スポットの一つ、風宮(かぜのみや)

ここ以外にも多賀宮、土宮、御正宮など散策しているといろんな場所にあります

順序があるそうですが、気の向くままお参りするのも気持ちいいですよ

 

なんだかんだ、散策に夢中になってしまい、混んでるのも相まって、写真を撮り忘れてしまいましたね・・

風宮以外は皆さんがご自身で楽しんでいただければと思います(実際見る価値、大です)

 

全て回ることに全力をかけるよりも、澄んだ空気を全身で楽しみつつ、自然のエネルギーを存分に浴びるのが、僕なりのオススメな楽しみ方です

そのほうが心が洗われる気がします(どや)

 

外宮を参拝したら、次は『内宮』です

内宮に行くには、外宮の出口の先にバス停のあるロータリーがあります

そのバス停から出ているバスに乗り、6分ほどで着きます

 

かなりの頻度で出ているので、ピークで混んでても、そんなに待たないで乗れますのでご安心を〜

 

ということで、、

前半ほお話はここまでで!

 

次回は内宮〜宿泊そして2日目のお話をしていきますので乞うご期待!

ということで、また次回お会いしましょう!

 

最後まで見ていただいてありがとうございます!